蝙蝠盤  自由帳

comlee.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 02日

金曜夜のRINPA

b0035684_68941.jpg

東京国立近代美術館の、RINPA展に行ってきました!
すごいよかった。カッコイイー。久々、会場を出たくないと思いました。日本画っていいなあっ!とも久しぶりに思った。でーっかい屏風が何点もあるし、ボナールやクリムトやルドンの屏風(どれもよかった)もあるし、どれか一つだけでも目玉になるようなのがいっぱいでした。ここの美術館はお金があって、学芸員さんは力もちなんだろうなあ、さすが東京、などと思ったり。
土日が最終日なので混んでた。さすが東京。でも後ろで「まだ絵に近付けるだけましだよねー」と話している人たちがいました。ましらしい。
薄暗いなかで見る、金色がきれいだった。「陰影礼讃」だなぁー、と思った。
こんな大きな絵を、スキ無し!な構図と色で、迷い無し!な筆運びで、しかも描き直し無し!の一発勝負で描くなんてなあ…。アリエナイ。でかいだけでも一本の線に失敗したら、この紙無駄になるんだ、、と思うのに、金ですぜ!金!一面金箔張ってんですよ!
それを前にして、躊躇せず描く一筆の瞬間は、一体どんなだろう。着物を襷がけにして筆を握る爺さんを想像する。
人間てそんなことができるんだ、という清々しさだった。オリンピックみたいな。体操日本スゴイぞ!みたいな爽快さだった。
洋画や立体作品を見て感動するときは、波がこっちにやって来て押されるような気がするのですが、今日は逆の、引き潮のようなかんじでした。なんでだろう。絵の具を厚く乗せていく洋画と、染み込ませていく日本画の違いのせいだろうか。単にでっかかったからかもしれない。草むらに雪が降る屏風は、波に引かれて入っていってそこで寝転がりたい気がしました。
あとは夜の効果と一人で行った効果かもしれない。夜行く美術館はいいなあ、もっと10時くらいまでやってほしいものだ。美術館を出たら秋の月がでていた。これがあるのとないのとではきっと違う。月の絵もいろいろあった。月を青黒く塗った絵もよかったなあ…琳派展はこの「名月」の季節に合わせたのだろうか。ニクイ。
あと常設展では、好きな靉光という画家の特集をやっていてラッキィ。
コンペ落選作品を引き取りに行った帰りだったのですが、ぶら下げた鞄の重さを忘れるくらいでした。
[PR]

# by jingjing-li | 2004-10-02 06:06 | アートのはなし
2004年 10月 01日

メキシコからはじめてみました

やつとは大のなかよしだけど、うっかり名前を呼び間違える。
アボ「ガ」ドって言っちゃうんだけどアボ「カ」ドが正しいんだよね…。

野菜じゃなく果物なんだし。とちょっと思ってて
今まであえて試さなかったアボカド丼を今日、ふとやってみたところ。
おまえ、なにもんだ、、、という、うまさでした。
おこめの順応がスゴイのか、しょうゆなのか、どうなのか。

まいにちあいたい。いっしょに日本で暮らそう。
[PR]

# by jingjing-li | 2004-10-01 00:19 | つれづればなし
2004年 10月 01日

そして、

b0035684_0125927.jpg

友人の部屋で芽が出たらしい。
アボカドの。
なんてことだ、、、!素晴らしい、、、、、。

あきらめてはいけないらしいです。
[PR]

# by jingjing-li | 2004-10-01 00:11 | つれづればなし