<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 17日

陶芸でいうと、この技法は「白泥(はくでい) 掻き落とし」。

絵画でいうとなんていうか知らない。
b0035684_1325484.jpg

b0035684_1325449.jpg

3こ前の記事のラクガキの発展。
黒と緑の地に白。アクリルと油。掻き落としの線はあいかわらず焼き鳥の竹串。

このまえ、
日本の美術館名品展とネオテニー・ジャパンに行った。

この前ってゆーかけっこう前だ。
私は、たいてい「このまえ〜した」みたいな記事がほとんどじゃないの?と、このまえふと思った。
「日記」ではない。
「今日〜した」だと、どうしても文章がえらーく長くなってしまうから、今日の出来事はむしろ書かないようにしているのだ。一緒に行ってくれた人がいる場合、その人にしてみたらいまさらな話題になってしまうと思うんだけども。
時間がたって、文章の勢いに流されず、自分にも騙されず、ある曲り角をまがって、それでも「書こう」と思ったら書くことになってる。ま、誰が読むあてもないホームページのブログですけど。

で、上野のふたつの展示の話。
名品展。シーレは、油絵よりもドローイングの方がいいのではないかと思っていたけど、
それは、今まで私がシーレの油絵の実物をみたことがないからだった。ドローイングのほうが、印刷に映えるものだったというだけだった、と思い知った。
めっちゃくちゃかっこよかった。ぴしぴし切れそうなかっこいいオーラが出てた。いいなぁとかじゃなくて、「かっこいい」だった。
それから、蜜蝋で作ったという、メダルド・ロッソの彫刻がよかった。
蜜蝋、、ひかれる。

高橋コレクション、ネオテニー。
大作が、ぼーんぼーんとあって、空いていて(名品展の1/20くらいの人だった)、ゆっくりしっかリ見れて贅沢な空間だった。
高橋さんて、どーゆうかんじのかたなん?ということにも興味がいってしまう。
アートフェア東京でも気になった加藤泉さんの木彫がやっぱり気になった。コーナーに、小さいギャラリーでの個展?くらい作品があって、まとめて見れてよかった。
鴻池朋子さんのオペラシティーの展示も行こうかなぁと思った。
それと、サイズの大きい作品を作るとき、モチーフの大きさを変えなくても、いっぱい続きを描いていって画面を大きくしていくのもありだよね、、そういえばそうだよね、、そういえばね、、とおもった。
[PR]

by jingjing-li | 2009-07-17 01:32 |
2009年 07月 15日

そのご

b0035684_0564929.jpg

ショパンの子守歌が入った辻井さんのCDを買い、ほぼ毎日聴いている。
なんでこんなに何度も聴きたくなるんだろう、なにかが自分にとって新鮮なかんじがする、と思うようになった。
何なのか考えてまた聴いたり、バスに揺られたり歩いたりしているときに思い出したりしていた。
そしてふと、「翳りがない」と気づいた。

あきらかに私は翳りのある表現が好きだ。明るいだけのものより、「もののあはれ」の方が好きなのだ。「もののあはれ」のことをしりあがり寿さんが「スウィート・ネガティヴ」と名付けていた。いいことば。そういうものがないと物足りないのだ。スウィート・ネガティヴで笑いどころがあればなおよし。
自分の絵もほぼ100%暗いし。映画も音楽もそれがないものはスルーしたりしてると思う。
一般論でも、スウィート・ポジティブだけの作品は嘘っぽくなりがちではないだろうか?

それなのに、きらきらのかたまりのような、きらきらだけを抽出、みたいなこの演奏はなぜか心に拡がっていく。
なぜ?
またぼんやり考えるに、「それに無理がないからだ」と思った。
あきれるくらいのきらきらフィルターを通し、世界を切り取った5分。

辻井さんとショパンには世界がこんなふうに感じられるんだなぁ。すごいなぁ。
きれいなものについてくる、儚さや切なさ、哀愁みたいなものもこの演奏にはないと思う。もちろんあくまでも私の印象では。しっかり安定している風景。声高にならず、力まず、ハイにもならず。
こんなことは自分にはずっとできないと思う。
老人になって、「私個人」とか関係なくなれたらできるのだろうか。
また逆に、辻井さんはたしか20歳くらいだったと思うけど、若い時代の欲の無さ、下心の無さにもよるんだろうか?
なぞは尽きない。

CDには「のだめ」でのだめが弾いていたラヴェルの「水の戯れ」も入っていて、なるほどのだめっぽい曲だと思った。これも何度も聴いている。


そして今日も暗いらくがきなのだった。
[PR]

by jingjing-li | 2009-07-15 00:56 |
2009年 07月 10日

話題の

b0035684_451982.jpg

ピアニスト辻井伸行さんが先日クローズアップ現代に出てたのを途中からたまたまみた。
ショパンの子守歌という曲を最後に弾いてて、美しい曲だなーと思った。
とても心に残ったので、youtubeでショパンの子守歌を検索した。
いろんな人が弾くこの曲がアップされていた。
とりあえず知らない人の演奏を聴く。
あれ?こんなんだっけ?と思った。
同じ曲なのに、こんなにちがうもんなの?と思った。
この人のは?この人のは?といろんな人のを聴いてみた。
辻井さんのもあった。
映像からして、プロのみなさんだと思う。上手い下手でなく、私が一番好きなのは辻井さんの演奏だった。
辻井さんは、他の人たちに比べて、テンポゆったりめに弾いている(と思う)。
それが心地よく、やたらきれいで静かな夜にふわふわ散歩している景色が見えるようだ。
曲を聴いて、映像が見えてくるっていうのはとても気持ち良く幸せな瞬間だ。
特に一か所、技巧的にはなんでもなさげな静かな箇所で、辻井さんの弾き方だけ、
雨つぶが水面に跳ね返るときの様子みたいに感じるところがあって、すごく好きだ。
なんとも、きれいだ。
こんな凡庸なことばでもうしわけないけど、きれいだ。
5分くらいの曲だけどショパンよ、30分くらい書いてくれたらよかったのにと思う。

クラシック曲は、たまに聴きたくなるときがあって、
ちらほらとCDも買うけど、好きな曲が入っているものを買うのであって、
好きな演奏者や好きな指揮者のものを買うということは今までなかった。
でも今回youtubeのおかげで、簡単に同じ曲を聴き比べるということができて、ここまで印象が違うものだったのかー、と認識が変わった。
クラシックのプロっていう人たちは、楽譜に忠実に弾いてるんだから、そりゃ個性はあれども上手い人ほど逆に差が少なくなるのでは、私みたいな素人がわかるようなもんではあるまい、というようなイメージを抱いてた。まちがってたなぁ。辻井さん以外の人たちの演奏も、それぞれに違った味わいだった。



絵。
なんか最近、子供の絵がほとんどになってしまっている。
なんでだかわからない。どーしたんだ。こんな日が来ようとは。
[PR]

by jingjing-li | 2009-07-10 04:05 |
2009年 07月 01日

夜、けものに遭う

b0035684_1482083.jpg

先日の夜、住宅街を歩いていたら、猫?と思ったが、あきらかに異質な空気を放っている生き物がいた。あまりにも何者かわからなかったのでちょっと後を追ってみた。生き物が近くのマンションの塀に登ると、街灯に照らされた。猫ではなかった。アライグマや狸にも似ているけど違っていた。特大ねずみでもない。外国の生き物で、誰かのペットが逃げたのかな?と思った。でも、人間に飼われていないような雰囲気がぷんぷんするやつだった。人間(私)を怖がってもいないが、仲良くする気も毛頭ない匂いがしたのだ。そっと塀の向こうに消えた。
家に帰って動物図鑑とネットで調べたら、どうやらハクビシンという動物のようだ。ネコ目(食肉目)ジャコウネコ科。名前に聞き覚えはあったけど、よく知らなかった。もとは毛皮をとるために外国から輸入されたものが野生化したのでは、という説と、日本にもともといたという説とあるらしい。在来種か外来種か、わからないことってあるんだなぁ。けっこう住宅街に出没したり、エアコンの排気孔から家に侵入して屋根裏に巣を作ったりもするらしい。ネットでハクビシン、と打つと、「ハクビシン 駆除」「ハクビシン 退治」とかの検索ワードがいろいろ出てくる。世間ではそんなことになっていたなんて。
見かけたのは新宿のはずれ。新宿在住なのかなぁ。甲州街道でも下ってきたのか。
[PR]

by jingjing-li | 2009-07-01 01:48 |