<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 27日

ハーシーズのチョコレートシロップ

を苺とアイスにかけて食べるという野望のために買い、その野望は先日達成された。
どう転んでもおいしいに決まってるけどやっぱりおいしかった。

野望の残りで。
b0035684_313018.jpg

猫、か、犬、、とはなたれ小僧。

あー
間に合うか。
[PR]

by jingjing-li | 2009-02-27 03:13 | つれづればなし
2009年 02月 21日

juana molinaの夢

b0035684_521873.jpg

たぶん日本語読みだとフアナ・モリーナかモレーナ?
何年か前、音楽に詳しい友人が、
私の絵をみているとこの人の音楽を連想する、と言ってCDを焼いてくれて知った。
もらった当時は、「へ〜ぇ、こんなイメージを持ってもらったのかぁ、、」という感想だけだったのが、
最近になって制作のときによく聴いている。

制作のときの音楽は、
集中してきたら邪魔になってきて止めてしまうことも少なくないのだけど、
この人のはずーっと聴ける。
それどころか集中力が高まるような気がする。
繰り返し聴けば聴くほど良くなってくる、不思議な音楽だ。
ボーカルよりも、音が重要な人。

それで長時間聴いていたら、
夢のなかでも彼女の音楽が空のなかから聞こえてきた。
その夢がとんでもなく不思議な世界の夢だった。
淡いのにとても鮮やかな、色とりどりの2足歩行する植物たちが、
砂漠(?)のなかを走ってやってきて、
なんだなんだと思ったら、
その後からは同じような色使いの騎竜の大群が、
波みたいにいっぺんにこっちに走ってきた。
不思議な民族衣装の人たちもいた。
すごいスピードで走ってくるのにスローモーションみたいに見えて、
ぎりぎりよけていた。
その不思議な国は、50年代頃に一度だけ、
北九州の炭坑町とだけ流通があって、当時その町で売られていた日本車が、
今でもその国の主な車だった。
私はその車に乗って密入国したのだった。
あとタワーレコードが名前を変えてこっそり出店していた。
などなどけっこう細かい設定がしっかりしていた。
とにかく最近のなかで一番不思議で鮮烈な夢で、
起きたら、フアナ・モリーナの夢だったな、、と思った。

上の絵。
描いている間中、
一日一回は「これは完成させられないのじゃないか、、」とか
「一から描き直した方がいいのか」と思い悩んだけど、
昨日着地した。と思う。
GEISAIに出すので、終わったら全体をのっけます。

さてさて今日から次の絵だ。
いっぱい絵を描いていきたいなぁとつくづく思う。
[PR]

by jingjing-li | 2009-02-21 05:21 |
2009年 02月 12日

難しい関所と書いて難関(たぶん)

先日の絵 全体像
b0035684_5291771.jpg

もう本当に難関だったポートフォリオづくリが無事できた。
事あるごとに書いているけど、デジカメ、スキャナ、photoshop、プリント、全部毎回どれをとってもちょうストレスなのに、ポートフォリオ作るのって、全部要るので、
のばしのばしにしてきてしまった。
どれもなぁなぁな最低限の知識でどうにかこうにか。
プリンタは使うのがいつでも半年〜1、2年ぶりになるので、
当然毎回インクは固まっており。
とうとう壊れたかぁと毎回ビビリつつやるのだけど、
なかなかに壊れません。すごい。カラリオ。
愛知から使って7年で初めてインクが無くなって交換したというていたらくなのに。
GEISAIでは初めてポートフォリオが置けることでしょう。
ペインティング作品がやっと少し溜まったからというのもあるので感慨深い。
でもホームページはほったらかし、、

この絵はゲイサイに出すかわからないです。
他の絵が失敗したら出すでしょう。
[PR]

by jingjing-li | 2009-02-12 05:41 |
2009年 02月 06日

GEISAI♯12出ます

迷ったもののやっぱり出ます。
出るなら、一度は壁ありブースにしようかと。
じゅうよんまんえん。
こんな給料少ないのに、後悔しないだろうかと思ったけど、
一度ATMの振り込み「確認」を押してしまえば、
その瞬間からどうでもよくなった。
案ずるより横山やすしだからな。
そしたら今年のGEISAIは秋はやらないそうで。
申し込んでよかったー。

森を描くための練習の絵。
略して森連。
b0035684_188054.jpg

顔連(顔を描くための…)が続いていたけど、顔はだいたいまともに描けるようになってきたので強化期間は終了。
ほんとうは前のゲイサイで出した絵の、女の子の羽の中に森を描きたくて、
全然描けなかったのだった、、。
今も描けているとは言い難い。

下地。私はほとんど絵の具を盛らないし下の白が透けるのが好きなのだけど、
そうすると下地の白の質感が重要になるみたい。
キャンバスほぼそのまま、くらいだと安っぽくなってしまうんだなぁ。
最低限のこと?とも思うけど。
下塗り剤を、回数をたくさん重ねて厚めに塗り、やすりをかけるのがいい。
そうすると牛乳パックみたいな質感になる。
結局牛乳パックを目指すという。
これは、下地だけで数日かかる(しっかり乾燥させて重ねていくため)し、
本番の絵で失敗すると大変ショック。
2、3日何もする気が起きなくなる。
上の絵はやってません。
自作板パネルが一番いいような気がするけど、
大きいのはまだ作ったことがないし、
板はさらに失敗ができないのだった。

GEISAIは3月8日。
また花粉症と戦いつつ、窓を開けたりするのね。
油絵を描いて1年経ったなぁ。
[PR]

by jingjing-li | 2009-02-06 18:07 |
2009年 02月 02日

「すばらしい日々」

b0035684_10149.jpg

ポピーオイルと、ホワイトというアイテムが加わりました。
強力な2アイテム。
白、なんで今まで使えなかったのに急に少し使えるようになったんだろう。
失敗してたのに。
今回がたまたまなのか。
板に描いてて、まえからうすうす思っていたけど、
やっぱり板いいなぁ。
そのうち全体もアップします。

Mステに、復活したユニコーンが出てて、
新曲もよかったけど、「すばらしい日々」にじぃんとした。
ギターのイントロのからうわぁと思ったし、
言葉がきらりとしたごはんつぶみたいだと思った。
噛みしめる。
昔はこの歌の雰囲気は好きだったけど、あんまり理解できなかった。
でも、
「僕らは離ればなれ たまに会っても話題がない
 一緒にいたいけれど とにかく時間が足りない」や
「人のいないとこにいこう やすみがとれたら」
なんてことは全然高校生だった当時の自分にはあてはまらなかったので。
時間はいっぱいあったし、人混みなんて、富山県内にはなかったしな。
あと、「いつのまにかぼくらも若いつもりが年をとった」というところがあるけど、
奥田さんは当時まだ20代後半!だったわけで、
いまの40代のユニコーンが歌ったほうが、当然実感がこもって聞こえる。
で、「君は僕を忘れるから そうすれば君に会いに行ける」という
これまた高校生の自分には理解不可能だったサビだけど、
ああーそういうことだったかぁ、、名曲ーーー。
と思ったのでした。
バンド自体が、君(世間)が忘れたら、会いに行けるっていうことにかかっていたと思うので、
復活一発目テレビ出演にこの曲をやるなんて、
かっこよくて出来過ぎじゃないの?
と思った。
当時ファンだったのは姉で、私は毎日のようにとなりの部屋から聞かされていて
シングルB面アルバム未収録曲まで歌える気がするけど、
なんだかユニコーンはある意味かっこよすぎて入っていけなかったというのがあった。
で、「ああー ユニコーンだなぁ この(私には)かっこよすぎるかんじ」とも思いました。
なつかしかったし、今後も楽しみ。すばらしい。
[PR]

by jingjing-li | 2009-02-02 01:00 |