蝙蝠盤  自由帳

comlee.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 29日

マルレーネ・デュマス

の「ブロークン・ホワイト」と題した個展を都現代美術館に見に行ってきた。
絶対見に行こうと思いつつすごくうますぎて見に行ったらうちひしがれそうーと思ってるうちに、期間のこりわずか、慌てて見に行ってきた。
そらもう、絵、うまかったー、、ってそんな小学生並の感想いらんけども。
どうやら私は、さらさら簡単に描いてるようで、真似のできない、手数を最小限まで削いで描いて緊張感十分、空間どーん、みたいな絵に心ひかれるようだ。
水墨画なんかまさにそうだし。
しかしほんとに使ってる絵の具も少なそうな、なんでこれでこんな吸引力が出せるんよ、という絵だった。
人物画がほとんどで、自分は絵を見てるんじゃなくて、その人たちを見ていた。絵(美術品)を見てるという感覚が途中で消されてしまっていたと思う。

画家自身のインタビューもあるビデオが上映されてて、「女であり母であることと芸術家でいることとのジレンマに悩むことがある」というようなことを言ってて、あんなパーんとした絵を描いて、本人の外見もパーんとしてて、そんな画家でも考えることなのか、と思った。
同じ次元で語るのはおこがましいけれど。こどももいないし。
そういうことを考えるといつも答えが出なくなってどうすればいいかわからんと思うことしきりで、割り切って考えることができない自分はだめかも、と思ったりもして、でも答えがでなくても彼女も絵を描いているのか、と思いましたです。しかもあんな良い絵を。

あとミュージアムショップにあって初めて知った、LucTuymans(日本語だとリュック・タイマンスとトュイマンスと二種類読み方があるようです)という人の画集が良くて、デュマスの図録も買ったし荷物が多くて買うのをやめたけど、帰ってネットで調べてみたら、やっぱり良かった。この人も絵の具少な目な絵の人。いつか欲しい。そして実物見たいなぁ。

b0035684_273616.jpg

b0035684_281535.jpg

これらは今月の頭に行った沖縄の旅で、美ら海水族館に行きまして、その大水槽の写真でございます。近所にあれば最低でも月一で行く!
そんでこの大水槽の前でぼぉぉぉーーとするのです。あぁ、、。
目の前を7、8mのジンベエザメがゆうゆう通りすぎる。ありえない景色だった。
水槽の水が、水族館の前の海からポンプで引いて常に循環してるという話で。
それは魚にとって良いだろう。あーまた行きたいなーっ。
[PR]

by jingjing-li | 2007-06-29 02:21 | アートのはなし
2007年 06月 19日

HP久々更新。。

久々ってゆーか、更新初めて?なのか?ほったらかしすぎ?
ドローイング2005ファイル
をアップしました。
全部で20枚あります。
HP作成ソフトの操作思ったほど忘れてなかった。ふぅ、、。
以前展示したときのに加えて、同じ頃描いたけど雰囲気違うかもと思って一緒には出してなかったものも何点かあるので、以前見ていただいた方も見ていただけると嬉しいのでございます。

ここのブログだけ見てくれているひとに宣伝。HPの入り口はこちらです。
蝙蝠盤
コウモリのあたりをカチリとしてみてね。
あとこのブログだけ見て、これがモリタが作ったHPかーと思ってとっとと帰る友人が意外と一人じゃなかったのだった、、どうゆうことだ、、。
しかしっ、いつのまにか「蝙蝠盤」で検索するとHPもブログも一番上でヒットするようになっているのをこの前発見。みなさまのおかげです、ありがとう。
そもそもこの単語で引っかかるのは中国語のページが多いんだけどさ、、。

先日ロウソクづくりを少しやらせてもらいました。
一日中作ってられそうだった。
家に帰ってさっそく火を灯してみた写真。
b0035684_230295.jpg

[PR]

by jingjing-li | 2007-06-19 02:30 |