蝙蝠盤  自由帳

comlee.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2007年 05月 14日

水木サンの幸福論

b0035684_19192413.jpg

日経新聞の「私の履歴書」の連載をまとめたものに加え、水木さんが語る幸福論、という内容の本を店頭でみつけ、「のんのんばあとオレ」以降の水木さんのことが知りたくて買ってみた。
「私の履歴書」では、幼少期から信じられない話でいっぱい、、。三歳まで単語しか喋れず、アホな子供だと思われていて幼稚園に通わせてもらえなかった、しかし五歳でテツガク的考察にふけり、「人は死ぬとき、どうなるんだろう」と考えて、三歳の弟を海に突き落とそうとした、などなど。
戦争中にさんざん上官に苛められ、爆撃で左腕を失い、それでも南方の島で、現地の村人たちに「同胞」と目されるまで仲良くなった話はじーんとした。戦時中という非常時に、人間らしくいるということが、自分もふくめてどれほどできるものかなぁと思うので、やっぱりそれができる人もいたんだなぁという話はすごく嬉しくなる。水木さんの話は、「こーんな面白い人がいる、世の中捨てたものじゃないなぁ」とまで思わせられるので、水木さんが作品だけでなく本人も人気があるのはそこだろうか。

幸福論のところで、
好きなこと、しないではいられないことをし続けなさい、というようなくだりがある。でも、才能が開花してもお金が入るとはかぎらない、「努力は人を裏切ると心得よ」と。
そこまでは「そうだな」と読んでいたのだけど、つづき、
「だからといって、絶望したり、悲観したり、愚痴をこぼしてはいけない。ただただ、努力するのです。なにしろ、好きな道なんだから。」
という一文にゴーンと深く反省して涙が出そうになった。
今後びんぼうで愚痴を言いそうになったとき、この言葉を思い出すといいと思った。
私のくじけたときの心の名文リストに加えられた。この心の名文たちはすぐ忘れることも多いけど…。
[PR]

by jingjing-li | 2007-05-14 19:19 | つれづればなし