蝙蝠盤  自由帳

comlee.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2006年 05月 21日

イシノフスキーの話し

b0035684_074722.jpg
b0035684_08917.jpg
b0035684_085077.jpg

 サハリンで終戦を迎えた後、現地で暮らしていたが、1958年に消息が途絶え、2000年に戦時死亡宣告が確定した元陸軍兵士が、じつは生きており、63年振りに一時帰国で故郷にかえる。
 というニュースを一月ほど前にテレビで見た。そんな人の、63年もの歳月のロシアという国での生活の、苦労や孤独や貧困などが、相当なものであったことはかんたんに想像がつく。それなのに、テレビにうつる顔は83才という年齢よりもとても若く見えて、眼がきれいで、背中もしゃんとして、苦渋を感じさせない、はにかんだような可愛い笑顔のおじいさんだった。テレビに釘づけになってしまった。ロシアのハンチング帽が似合っていた。あとは私のイメージだけど、死んだと思われていた元日本兵の帰国というシーンに着いてくる、悲壮感みたいなものがその人からは感じられないように見えた。やっぱりあの笑顔のせいかもしれない。あの人は途方もないと思われる、孤独感や絶望感などに、どうやって勝ったんだろう。
 私が見たのは、「今日東京に着いた、明日故郷の岩手に帰る」という日のニュースで、飛行機の中で「日本に帰ったら何が見たいですか」と聞かれて、「桜が見たい」。
まちの様子は63年であまりに変ってしまっただろうから、(そこもどう思ったかとても気になるけれども、)桜が咲くのは変らなくてよかったと思った。東京の桜はもう終わっていたけど、岩手はまさに桜の咲く頃だった。明日見られる桜やふるさとや兄や友人との、再会前の最後の一日を暮らす人の顔。いいもの見たと思った。彼はロシア語しか話せなくなっていたけど岩手で彼を待つ友人の一人が、「ほんとにうれしい、言葉は岩手に帰ったらすぐ思い出すと思う」と、岩手語で話していた。
 次の日の夜、ニュースがやる時間にテレビを見れなくて、岩手に帰ったときの顔を見ることができなかったのが、たいへんに悔やまれる。一月たってもわすれられない。
 嘘みたいに悲しいのに、うれしいニュースだった。そして、石之助さんというその人は、ロシアでの名前はイシノフスキーである、という嘘みたいな話しにはちょっと笑ってしまったのだった。
 イシノフスキーはどのようにして、負けなかったのかなぁ。そっちは想像がつかない。というより、想像を越えた何かなんだろうなぁ。尋ねたい。
 それから、そんな事情のある彼とわざわざ結婚した現地の女性の奥さんは、どんな人だったんだろう。どうやって結婚したんだろう。奥さんはもう亡くなってしまっていて、今はお子さんとお孫さんと暮らしているんだそうだ。
 
[PR]

by jingjing-li | 2006-05-21 00:53 |
2006年 05月 13日

夜と虫のこころ

b0035684_0574671.jpg

夜がすっかりあたたかい。
部屋の中にてんとう虫がいた。てんとう虫はかわいい生き物だけど、夜中に蛍光灯に自ら何度もぶつかってカチンカチンと音をたてる様子は、色が何色だろうとかたちが丸かろうと、かなしくてやだなぁと思うものだった。てんとう虫だから余計にかもしれない。でもそれは「おまえはそんな虫みたいなまねをしてくれるなよ」と、正真正銘の虫であるてんとう虫に思うことであって、てんとう虫にしてみれば「いやいや、自分ただの虫だから」とでもいう一方的なこっちの思い入れであり、自分の勝手さがますますかなしい。もちろんてんとう虫は私の勝手さを怒ったりはしない。虫は心を持ってないからだ。いや、狭い心を持っていないからだ。

 先日の夜冷蔵庫を開けると、冷蔵庫の光に照らされて床の隅に何かが落ちているのがわかった。パセリのかけらがまるまってからからになった、そんなものだろうと思っていたら、2、3日後に小さなみつばちが死んでいたのだとわかって驚いた。ちょっと驚愕した。
 そういえば蜂を触ったことは今まで一度もなかったと思って観察した。足長蜂は昔よく見たけど、みつばちに関しては間近で見るのもはじめてかもしれない。手のひらに乗せたら、ものすごく軽かった。胴体のところにある毛。想像していたよりもふわふわと白くて、そこだけが植物みたいで、堅い昆虫の体の間から生えているのがふしぎだった。お腹の丸いふくらみと、しましまと、おおきな目と、小さな羽と。みつばちがよく装飾品のモチーフになるわけがわかると思った。でもかわいいとは思えなかった。ほんとはかわいいんだろうと思う。死体だったからだと思う。針のところは、どうなっているかわからなかった。針がないようにも見えた。働き蜂は針を一度刺すと死んでしまうというのはほんとうなのかなぁ。攻撃は自らの死とひきかえに一度きりとかいうのは。ほんとうなのだろうけれど、なんだか出来過ぎた作り話みたいな感じがしてしまう。
 ブンブンと音をならして、思いきり響かせて、元気よく飛行するみつばちはきっとかわいいだろうけど、うちには来ないでもらいたい。私は狭い心を持っているからだ。
[PR]

by jingjing-li | 2006-05-13 00:57 |