<   2005年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2005年 03月 25日

うれしイ。

「別に誕生日を一人で過ごすなんてぜーんぜん平気、と思っていたらお誕生日だから、と言ってごはんに誘われて、そしたらすごく嬉しかったので、なーんだ、結構寂しかったのね、私。」
と、私の一日前に誕生日だった一人暮らし仲間の友人が日記に書いていたのですが、同じ流れで今日、この友人と同じ相手にごはんに誘ってもらって仕事後に楽しいひとときを過ごし、全く同じ感想を持つ。自称「誕生日キラー」だって。
ウィークデイに2連続でねぇ。あしたも会社あるのになぁ。「誕生日は当日に祝う主義なの。」だって。こいつ、すげえよ、と思いました。よくできたムスメだなぁ、、。パフェまでおごってもらっちゃってまあ。感謝。
\(:_:)/
もう、年に一度の誕生日しか使わない(←てきとう)顔文字描いちゃう。

あと今朝ここにパンダの云々…と書いたら、自作のパンダの絵が描いてある画像を送ってもらえて感動しました。下の。(本人の許可無くアップ)書いてみるもんだー。これはスペース要らないもんね。つらくあたらなくて済みます。かわいい。しかもしみつき。たぶんよだれ。
妄想の中でこのパンダと一緒に遊んでみることができる28才でいいじゃんか、といったかんじです。
実物じゃなくて絵をもらうよろこびについて、までも考えてしまった。
大袈裟に言うと、「絵に描いた餅」は本当には食べられないけど果てしなくおいしくもある。とゆーこと。一番ふかふかなパンダは歌や絵や言葉の中にいる想像のパンダだとゆーこと。色褪せなくて擦りきれない。ちょっとクサすぎだけど、今日は思いのほかいろんな人におめでとうメールを貰って嬉しかったのでした。じぃん。

いままで、引っ越し、卒業、入学、転職等でバタバタしてて、誕生日のとき「それどころじゃない」と思ってることが多いんだけど。
当然ながら今はこの二年間で知り合った人たちだけの中で自分の生活が廻っていることが、ふとものすごいことに思える。春だからなぁ…。
b0035684_341505.jpg

ほんっとかわいいってこれ。パフーって鳴くか。
[PR]

by jingjing-li | 2005-03-25 01:14 | つれづればなし
2005年 03月 24日

泣き言

に、にじゅうはちさいになっちゃった。

とは言え、27才が波瀾万丈すぎた感があって、
はぁぁもう、28になって気分一新だ、といったかんじです。
お正月もさっさと年があけてしまえと思っていたっけそういえば、、。

しかし春ですね。

朝があったかい。

パンダで実物大でオーガニックコットンでふかふかふかふかで
というぬいぐるみが欲しいけど、
この部屋ではどうしたって邪魔になって、真夏は見るのも嫌になって、押し入れに入れて潰れて、なにかきっとこぼして薄汚れさせて、つらくあたったり不自由な思いをさせるんだ、と、28まで生きるといろいろなことが先にわかっちゃって切ないですね。
ということで誰か買ってくれと言っているわけじゃありませんよ。逆に誰かにプレゼントして、自分が可愛がりたいときだけその人のうちへ行くというわがまま「いやげもの作戦」を考えてみた。
いやげものという言葉を編み出したみうらじゅんが、「今一番欲しいものは」というよくある質問にすぐ答えられるようにしておくと自分の経験上人に好かれる、と言っていた。みうらさんは子供のころ、間髪入れずに「仏像!」と言っていたらしい。それは好かれるねぇ。私は、今は一軒屋です、、、。あ、地震がきても壊れないやつね。好かれない答えですね、、。

だって一軒屋があれば猫とも犬とも一緒に暮らせて、絵の置き場(とパンダも)に悩まなくてよくて、すごいでっかい絵も描けるだろうし、そのでっかい絵を描くためのパネルづくりだって作業スムーズ、床に絵の具がついちゃってもまあいいかってことになって、って、わぁぁ、ドラえも〜〜〜ん。

とドラえもんに頼むしかないのがわかってしまうおとしごろです。
ファイト。
今日もバイト。
[PR]

by jingjing-li | 2005-03-24 07:59
2005年 03月 22日

ゲイサイに行ったりとか

最近はバイト以外あまり出歩いていないけど
「森山新宿荒木展」と「ローラ・オーエンズ展」と「GEISAI#7」には行った。

新宿の写真を新宿で見て、新宿から帰る。他の街で今回の同じ展示を見たら違った印象だったろう。タダ券を貰わなかったら行かなかったのは間違いないけど行ってよかったです。西新宿の都庁あたりのビル風がもの凄い強風、いや恐風。目がかゆいというより熱くなった。真っ赤に。

ローラ・オーエンズはきっと、「こんなふうに描きたいー」と思って真似てみたら廉価版になる、という危険性が絶大な画家さんだなぁ。でもこんなふうに描いてみたいもんです。そう思わせられる自由な絵だ。
「絵、描いたよ」ってかんじの絵。
あんまり手が入ってなくて、スカスカしてるのにもんのすごい繊細だ。ちょっと何かが違うだけでこわれそう。細かくかき込んで繊細な画面を作るより、難しいと思われる。難しいというか、出来る人が少なそう、かなぁ。

ゲイサイは前回、観に行ったこともなく、会場の雰囲気や展示状況などが何もわからずいきなり出品したので、今回初めてお客さんとして観た。振り返ると出してつくづくよかったと思うものの、展示側としてだとぐっ・・・たり疲れる異空間(何かに吸い取られるかんじの)だったけど、見てるだけだと疲れず楽しいんだなぁ、ゲイサイって。終わる時間近くになって着いて、じっくりは見られなかったけど前回見覚えのある知らない人の絵をまた見て、おー、また出してる、半年経って進化してるなー、みんないろいろあっても(勝手な想像)絵なんていう、実際生活にはなくても困らないものを、時間と労力とお金(1ブースの料金だけだって高いんだし)をかけてがんばって続けているんだなぁと思ったのも楽しかった一因。見知った絵がそこにあるとほっとするというか。
続けて出すことにかなり意味がありそう。と今さら思った。#10まではとりあえずやる、と村上隆さんは言っているようなのですが。次回はまた出品しようかなぁと思ってみたり。いろんなひとがいて考えさせられた。
帰りはゆりかもめに初めて乗って東京見物気分で夜景が見れた。
お台場には縁遠い…。東京タワーはやっぱりキレイだ。「333から飛びうつれ!」ってやってる「私は真悟」の真倫と悟をいつも妄想してしまう。屋形舟も初めて実物を見た。いつか乗っておちょこと小皿をちゃかちゃか鳴らして悪代官のように酔っぱらってみたい。
[PR]

by jingjing-li | 2005-03-22 02:04 | アートのはなし
2005年 03月 17日

3月も半ばを過ぎて

甜茶が効いているのか、風邪が治ったのか、先週よりは少しくしゃみはなみずがましになった。でも、バイト先でふぅぇっくしょい!ぶへっ、、、ぶえっくしょん!と連発してしまう。連発するのが花粉症っていうのは本当だ。
お客さんに「(路上でもらった)ティッシュあげるよ」はなみずたれてるからふきなよ、と。
あー、見えてましたか。
ティッシュはたしかにどんどんなくなっていく。おもしろいほどみずっぽいはなみずですよ。

とこれではお店のイメージも悪いので、やっぱり病院行かねばならんか…。
ぴたりと治る薬をくれるんだってさ。

でも病院はとにかく嫌いだ。

病気といえば、なんだかメールソフトの調子が変な気がして、設定などいろいろ調べてたら、もう、次から次へわからないことだらけで、ひとつのことを調べるのに不明な単語が山となっていて、ちょっとずつ答えにたどりつくどころか、どんどんどんどん遠ざかるかんじだ。下りエスカレーターを登ろうとしているかんじだ。わかる人には、ぴゃぴゃっとできて、ちゃかちゃかっとわかる、初歩の初歩なんだろうなぁ〜〜〜〜。間違いなく。
家庭教師が欲しい。
ああああ今こんなことに時間をかけている場合じゃないのに・・・わかっているのに止まらない。オチツケ・・オチツケ自分。ひとまず放っておかなければればれば。
うちのパソコン壊れたかも、と思うときって、今まで人の話しを聴いても、大変だねぇ、修理に出すの?くらいにしか思っていないのに、前触れなく自分の身にふりかかるとものすっごい打撃で気になって仕方ない、という点で花粉症と同じだ。まったく。mixiのMacユーザーのコミュニティでいろんな質問と解答をみてみたりして。こうやってみたら解決するかも?という文の意味もほとんどわからないっす。でもこんなにMacの突然のトラブルに苦しんでいる人がいっぱい、、と思うとちょっと勇気出た。火を吹いたってどういうこと?

、、でもほんとにもう卒制が終わるまではほっとこう。
[PR]

by jingjing-li | 2005-03-17 00:04 | つれづればなし
2005年 03月 14日

ジョージ? フレディ?

21世紀の絵になればなぁ…。グレゴリオ聖歌隊の人みたい。よく知らないけど。
つい髭をはやしてしまうせいなのか。
卒製の下絵のさらに下絵をいろいろ描いたけどこれは使わないのでせめてここにのせてみようと思いました。髭はしばらくやめてみたい。
ふと思ったけど、どうも私が描く髭の人は、ちょっとホモっぽくなってる気がするなぁ。ジョージ・マイケルみたいな。なんの深層心理でしょう。
はっ、ゲイは大島弓子さんや萩尾望都さんの時代からの少女アイテムか。きっとガーリィな心理なのね。ガーリィ万歳。
関係ないけどジョージ・マイケルって、日本名で例えるなら「和夫良雄」みたいな名前だなぁ。またはコンビ名のようだ。先日行ったボーリング場にジュークボックスがあって、最下位の人が一曲かけることになって、友達がワムの曲をかけたら、ウソのようにときめきました。あっという間にウキウキ青春グラフィティ!なボーリング場に早変わりだった。ジョージの実力を思い知った。「ポップスっていいな!」とまで思った。
b0035684_3252334.jpg

あーおなかすいた。
ふぁー。おなかすいた。
休日終わりだー、バイトだわぁ・・・。
[PR]

by jingjing-li | 2005-03-14 03:25 |
2005年 03月 12日

ひとまず

パネルの水張りを今日はするぞ。
そのためには部屋中のものをどーにかしないと。
乾くまでパネルを水平に寝かせておくので、それだけのスペースづくりから入らねばならないのでした。

昔、陶芸の先生に、「汚い部屋ではいい作品は生まれない」と言われ、たいがいキレイではない私は、作品に集中してるときは部屋の状態なんて気にならないもんさっ!と思っていたもんだったけど、最近なんとなくだけど先生の言葉がわかってきたような。片付いてない方が、いろいろめんどくさいってことだ。めんどくさいのが溜まると細かいところで妥協が入ったりするってことだ。その細かい妥協の詰めが大きい差になってくるってことだ。と、とらえていますが、ほんとのところはもっと精神論かもな。
気分も掃除から切り替わる。

新宿TSUTAYAが半額をまたやっていたので、Polarisのアルバムを借りた。名前とリスの絵のジャケット(ムラタ有子さんだった)だけで、一度も聴いたことがなかったのですが。
一曲目から「当たり〜」
ギターが非常に好みだ。自分の好きなギターの音はこういうのなんだなぁと確認した。リスのジャケットのが一枚だけじゃないんだけど、あ、ポラ「リス」ってこと?と今思った。ちょっとあがた森魚さんぽいとも思った。

さて、ごはんをたべて掃除だ。
[PR]

by jingjing-li | 2005-03-12 15:33 |
2005年 03月 10日

う゛ー。つ゛ら゛い゛。

b0035684_146825.jpg


下の日記で書いたことをあっさり撤回して、顔を描きなおし続け、今はこんな顔になった。背景の色も変えた。やっと絵の具で描くのにちょっと慣れたかと思いたいところだ。色を混ぜて作ることとか筆とかに。
人に見せたところ、「15世紀。」と言われた。15世紀?
思わぬところに。このまま行くべきだろーか。ドラえも~ん。

花粉症がつらい。おとついからすごいことになっている。
くしゃみって、全身運動だ、体力消耗。
風邪だと思いたいけど、これはもう自分を騙せないわ、、。
と思っていたけど、どうも風邪もひいているらしい。Wの効果でつらさ2倍だ。
きのうは4月の天候で暖かかったはずなのに一日寒気がしていた。
でも寝込むほどじゃなさそう。キムチ鍋であったまった。さば水煮入りもおいしいっすよ。ガッテン×3っすよ。
むかしも今も一人暮らしのとき風邪で寝込んだことがないのは、体温計を持ってないからだと思う。

今年の花粉が多いからこんな大変なのかなぁ。毎年これだと憂鬱だよ。
春はもともとそんなに好きじゃないのにさー。
[PR]

by jingjing-li | 2005-03-10 12:46 |
2005年 03月 07日

まだできない

岩手から友達がとまりにきた。こっちで個展をやりに来た。とてもすてきな陶器を作る。そのうち有名になるだろうと思う。陶磁郎(雑誌)とかにはやく載らないかなー。
ずっと前に行っていた陶芸の学校の同級生で、以来二人展を2回、グループ展を一回一緒にやっているので、お互いの作品の変遷をよく知っている。2人展のときは2人ともはじめての展示で、あーだこーだ言い合ってやったもんだ。
気を使う箇所と、まーったく使わない箇所と、頑固っぷりとお互いのほったらかし具合がとても似ていて、ラクだなあ、この人は、と改めて思った。あ、いつもぎりぎりまでウダウダして作らないのに作りはじめるとしつこいくらいやるという、学習しなくてたちが悪いのも同じだなぁ。いや、土俵際のしつこさは私よりかなり上でいつも驚かされる人だ。しかも彼女は焦っているように見えないので感心する。さすが南部(岩手)の女だ。

でも今描いている絵を見せたら、
「暗い。」
と言われる。あー、ほんとに暗いわ。根クラがあますところなく出てるわと思って描き直した。出過ぎはいかん、出過ぎは。
結果、とりあえず今までで一番時間をかけて描いている絵になっている。
でもなんだかポイントはそれだけになっているような気がするなぁ、、。
一言でいうと、ツマラナイ。ああ、、。
そして堅い。
やっぱり背景の色描きなおそうかなぁ、、。
キャンバスに描いた。紙より描き直す気がおきる気がする。初めの方向を見失っているだけかも。こういう方向にいきたいのでは無かったんだな。きっと。
でもそこらへんは次の絵でってことでもうこの顔を消すのはやめるぞー!

人間はMっ気があったほうが伸びるとタモさんこと森田一義さんが言っていたのでそれを信じてガンバロウ。

あと子供を描いた絵を見せたら、「子供もすべて何か背負ってるねえ、、顔が。」と言われる。いいんだ、、。20代で描く絵なんてそんなもんさ、、。たぶん。

はっ、もう3月、もうすぐ誕生日だ。忘れて過ごしそう。20代もあと丸2年かー。
[PR]

by jingjing-li | 2005-03-07 01:16 |