蝙蝠盤  自由帳

comlee.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 26日

かってにかんぶん、ほか。

高校のとき漢文の授業がけっこう好きで、
今でもたまーに漢文フレーズがぽろっと脳裏によぎることがある。

当時はなんのことを言っているのかぴんとこなかったのに、なぜか忘れられず、
その後おりおりに、こういうことだったのかな?やっぱりこうかな?と自分の中でだんだんと考えが更新されてきた言葉は、

「朝に道を聞かば夕に死すとも可なり」(孔子)

恥、そして無礼ながら超自己意訳:
 人は、オレは、この雑踏の世で、いったいどう生きるべきなのかい?
 人間のあるべき正しき道! ああそれを追い続けてきたオレ。
 何年惑っても、答えは浮かんで消えるマボロシのようだぜ。こんな年になってさえも。
 それを知る朝が、もしもオレに来たならば、
 もうその1日のみを生きて、夜に死んだってかまわない!

 
、、なんでこういう言葉遣いかというと、孔子はロックなかんじがするからです。ヴァン・モリソンとか求道者ふうで声の大きいロッカーに歌ってもらいたい。



30才前後の近年、たまに思い出すのは

「吾、15にして学に志し、30にして立つ。40にして惑わず、50にして天命を知る。60にして耳順、70にして心の欲するところに従って矩をこえず。」

こっちも孔子。「うまいこといい」だなもう〜。そしてやはりロックな詩っぽいと思う。15才で初めてギター買った、みたいな。



最近の自分はといえば、「小人閑居して不善を為す」かな、、。

かなり、しょうじんっぷりを遺憾なく発揮した生活だったけど、それも終わりを迎えた。
いろいろご心配いただいた皆様ありがとうございました。

券をもらっていたことを思い出し、今日は新職場の帰りに、六本木クロッシング。
この2か所が同じ日というのは、食べ合わせがわるかったみたい、、。
それを消すかのように、村瀬恭子さんの先日の展示のカタログ買って帰る。
さー今年の残りはひたすらペインティングしよ!(はたらきつつ)と気を引き締めて見る。
[PR]

by jingjing-li | 2010-06-26 03:08 | つれづればなし


<< おしまいのご挨拶。      今日のらくがき >>