蝙蝠盤  自由帳

comlee.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 06日

春は

六義園で夜桜をみた。
携帯でてきとうに撮った写真だけど、、。
この桜はしだれてた。
しだれたもん勝ちというくらいしだれていた。


大島弓子の「グーグーだって猫である」
文庫化を待ってたのが、やっと3巻が出たので読んだ。
まさか「グーグー」で泣かされるとは、、、。
ホームレス氏とタマの話がーーー。
昔、ストーリーマンガでも、ホームレス氏が鍵になったのがあって、あれもよかったなぁと思い出したり。
グーグーもいいけど、やっぱりストーリーものも描いてほしいなぁ!

大島さんの話は、基本ハッピーエンドなんだけど、その最後のハッピーがいつも、
わあぁ、そうなん!?というハッピーで、思いもよらない方向からおむすびが転がって来るよう。
でも、そうか、自分でも気づかなかったけど自分が食べたかったのはこのおむすびです!と思ってしまう。
この、自分では思いもよらない方向から、というところが、「大島さんが新刊を出したら絶対買う」になるんだと思う。
しかも、何回も読むし。
それと、マンガの中に出て来る言葉が、ほんとうに良くて、
普通に暮らしてて、ポロっと思い出したりする。
で、この言葉、なんの話のやつだったっけ、とまた読んだり。
でも布教活動として、人に貸して返ってこないのがいろいろあって、読みかえせなかったり。
それでも貸したいのだった。

春はやっぱり「綿の国星」だ。

b0035684_0121914.jpg

[PR]

by jingjing-li | 2010-04-06 00:12 | つれづればなし


<< つれづれ      今日のラクガキ >>